FC2ブログ

記事一覧

朝熊山登頂

 八大龍王がお祀りされている朝熊岳から伊勢神宮の奥の院と言われる金剛言登(言偏に登)寺を目指します。 とうぜん経塚に寄り道します。 極楽門前の慰霊碑 合掌して英靈に感謝と哀悼の誠を捧げます。 おちんこ地蔵尊 露出してます。 朝熊山登頂。 こちらは朝熊岳より55m低い標高500mです。 皇室の彌榮をお祈り致します。 御製 達筆過ぎて読めない。 アイヌが日本に流れ着く以前から天照大神信仰はあったし、そも...

続きを読む

朝熊岳登頂

 二見興味神社夫婦岩から御来光を拝受し、外せない外宮と内宮を参拝し、五十鈴川へと流れる湧き水で喉を潤してから、令和最初のお伊勢参りが片参りになってはよろしくないので朝熊山を目指します。 朝熊岳道を登ります。 午前9時に登り始めたら低い山なのでもう下りてくる人がいます。 取って付けた石がちゃんと顔に見えて可愛い。 こちらは篤志の方によって復元されたお地蔵さん。 小一時間でひとまず標高555mの朝熊岳...

続きを読む

令和初のお伊勢参り

 外宮、内宮を参拝し、五十鈴川に流れる湧き水で喉を潤しました。...

続きを読む

御来光拝受@二見興玉神社夫婦岩

 もうすぐ キター 御来光...

続きを読む

大嘗祭と阿波からのアラタエ調進

 名古屋で開催された阿波忌部直系子孫三木家の当代当主で御殿人の三木信夫氏の講演会を聴講しました。 践祚大嘗祭が執り行われる令和元年なのに、天皇陛下にアラタエを調進する阿波忌部への関心は驚くほど低い。 無知なのか卑怯なのかたった一回戦争に負けたぐらいでいつまでも占領軍の言いつけを忠実に守って「大麻は麻薬、ダメ、絶対」とか素っ頓狂なことを言い続ける裏切り者が保守を気取り、一方で皇室への崇敬の念など微塵...

続きを読む

横谷峡散策

 秘宝の黄金鶏の行方を探し鶏鳴滝へ辿り着いた黄金姫伝説を偲ぶ横谷峡を散策しました。 白滝・落差17m 二見滝・落差13m 紅葉滝・落差9m シブいトンネル 鶏鳴滝と黄金姫伝説 鶏鳴滝・落差33m 黄金淵 ピークハントに飽きてやってることが滝巡りと巨石巡りでは、ファイアーダンスをしながら日本中をうろちょろしていた15年前に戻っただけだね。...

続きを読む

飛騨金山巨石群再訪

 アイヌ新法をぶっ飛ばす縄文シリーズの一環で飛騨金山巨石群を10年以上ぶりに再訪しました。 当時はこの手の巨石群では日本で初めて学術調査がなされたとして、縄文好きあるいは巨石好きのあいだで徐々に存在が知られるようになっていました。 久しぶりに訪れてみると、新しい道路は出来ているし、標識もしっかり設置されていて、アクセスが容易になっていました。 金山町観光協会が力を入れているようで、巨石群の観測ポイン...

続きを読む

付知峡散策

 明日の日曜日に名古屋で予定があり、それに合わせて移動しつつ、週間予報では雨の予報だったので予定を入れずにいたけど、まだ雨は降りそうにないので付知峡に寄り道してみた。 観音滝 不動滝 不動明王 吊り橋 巨石の下を水路が流れています。 標高2,000m辺りはもう色付き始めているけど、600mちょいでは紅葉はまだですね。 維持協力金100円を支払って岐阜の名水50選不動の秘水をペットボトルに補充しました。...

続きを読む

中山道トレイル

 恵那山登山口で夜を明かし早朝登山で昼前に下山してしまい、時間が余ったしそろそろピークハントも飽きてきたので妻籠宿から中山道を歩きました。 まずは妻籠宿界隈を散策します。 忠魂碑を素通りは出来ない。 手を合わせて頭を垂れて感謝と哀悼の誠を捧げます。 妻籠宿から馬籠宿方向に中山道を歩きます。 造り酒屋の軒先に刈り取った稲が干しています。 石畳のヘアピンカーブを曲がります。 男滝 馬籠宿まで歩くつもり...

続きを読む

恵那山登頂

 恵那山登山口で夜を明かし、ホットサンドの朝食を食べてから歩き始める。 舗装路を20分登ってから河原に下りて丸太橋を渡る。 300m毎に標識が出てくるし、登山道も整備されているので道迷いの心配はなさそう。 この山の登山口には鳥居がなかったので、なんとなく脱帽してお辞儀をしてから木の間を通り抜ける。 展望が開けた。見えているのは方角的に南アルプスだろうか。 苔はほっこりした気分になる。 恵那山登頂。...

続きを読む

尖石遺跡

 新参者のアイヌやそもそもアイヌかどうかも怪しい輩に先住民ヅラで被害者ビジネスされるのは困ったものではありますが、それに対抗するには少なくとも北海道から沖縄まで網羅して半島には及んでいない海洋ネットワークを構築していた縄文しかない。 そんな事情と個人的興味が相まって、5つある国宝土偶のうちまだ拝見していない「縄文のヴィーナス」と「仮面の女神」にお会いしようと尖石を訪れました。 残念ながら個人的に好...

続きを読む

霧ヶ峰登頂

 昼飯食ってから、天気良いから山でも登るか、って登れる100名山は霧ヶ峰の他にあるんだろうか。 登山口に着くまでにすでに見晴らしが良いし、登山口からはすぐ近くに山頂が見えている。 あっという間に山頂到着。 登山というより散歩で、実際に犬を連れて歩いている人もいた。 車山気象レーダー観測所 車山神社参拝 麓の諏訪大社でお馴染みの御柱が四方に屹立しています。 八ヶ岳連峰とその右奥に富士山が望めます。 ...

続きを読む

妙高温泉

 妙高山山麓にある地元住民御用達の妙高温泉共同浴場 豪華な温泉施設やスーパー銭湯なんかより素朴なのが好みで落ちつく。 でも改装前の方がシブい。 昭和は遠くなりにけり。...

続きを読む

妙高山下山

 南峰から北峰に移動しました。 8m低いけど三角点はこちらにあります。 火打山と焼山が見えます。 縦走したいけど、燕温泉に車を停めているし、テントも寝袋も食料も持ってきていない。 いつあるか分からん次回への持ち越しです。 下山します。 長助池まで下りて来ました。 黄金清水で喉を潤します。 2日前に入浴した燕温泉河原の湯まで下りて来ました。 時間に余裕があったので延長戦で朝登った道を30分もう一度登...

続きを読む

妙高山登頂

 これから登る妙高山を見上げる。 こんなところに赤倉温泉の源泉が湧いていた。 温泉が飲めるのかと思いきや、パイプから流れ出ているのは湧き水でした。 称明滝と光明滝が二連で流れ落ちている。 滝の間近に露天風呂がある。 そうと知っていれば逆ルートで登ったのに。 とりあえず顔だけ洗って先に進む。 赤倉温泉からの登山道と合流すると天狗堂がある。 鎖場を登ります。 妙高大神がお祀りされている山頂に到着。 標...

続きを読む

飯縄山下山

 来た道を戻るのはおもしろくないからついでに瑪瑙山に登って戸隠中社に下るコースで下山することにした。 瑪瑙山登頂 ゲレンデを下るコースらしいけど、この辺りがゲレンデなのか。 水路沿いの気持ちいい道。 晴れてたら木洩れ日で綺麗なんだろうな。 この辺りもスキー場のようだ。 戸隠中社に下りて来ました。 戸隠5社巡りはすでに何度かしているので、バスで飯縄登山口バス停まで戻りました。...

続きを読む

飯縄山登頂

 黒姫山に登るか飯縄山に登るかそれとも登らないか、朝起きてから考えようと車中泊したら、目覚めた時は霧雨が降っていて視界が遮られていた。 とりあえず車の中でホットサンドとコーヒーの朝飯を食べてのんびりしていたら雲の向こうから微かに陽射しが降り注いできた。 飯縄山なら今からでも登れると思い、南登山道を歩き始めた。 まずは不動明王がお出迎えしてくれました。 飯縄山南登山道は13仏が登山の安全を見守ってく...

続きを読む

奉祝!秋季皇靈祭

 奉祝!秋季皇靈祭 春と秋の年2回、皇祖皇宗の御靈をお祀りして感謝を捧げる皇靈祭に、不甲斐ない祖国日本の現状をお詫び申し上げるのがここ数年の習わしになってしまっている。 隠れアカなのか隠れチュサッパなのか知らんけど、アイヌ新法を成立させてイベントで嬉しそうにアイヌの袢纏を羽織っていた令和おじさんが率先して皇室の伝統を破壊している。 優秀な実務家だけに何でも反対だけの口先野党よりはるかに破壊力があり...

続きを読む

燕温泉

 昨夜は下界の道の駅で車中泊しようとしたのだけれど、台風が連れてきた暖かく湿った空気で暑くて眠れず、標高1,100mの燕温泉まで登り駐車場で寝た。 妙高山登山をしたかったが、時折凄まじい暴風が吹いていて、吹き飛ばされて谷底に転落したら生きて帰れる保障はないので諦めた。 冒険家でもアルピニストでもなく、踊り子がフィジカルトレーニングで山登りをしているのだから無理をしてリスクを負う必要はない。 登山は諦め...

続きを読む

台風回避

 昨日は天候が良ければトロッコ列車で行く黒部峡谷鉄道の最終駅欅平から徒歩でしか行けない温泉を三泊四日でハシゴしたかったのだが、台風接近中につき始発駅の宇奈月温泉で足湯に浸かりました。 宇奈月ダム 昭和天皇陛下御製 台風の進行状況によっては糸魚川フォッサマグナ温泉に逃げ込むことも想定していましたが、思ったほどではないので入浴だけして先に進みました。...

続きを読む

朝湯と午後練

 連休なのに他府県ナンバーが1台も駐車されていない地元住民御用達の気さくな温泉で足首を癒しつつ朝湯を浴びる。 午後は蜃気楼ではなく現実の能登半島を富山湾越しに遠望する芝生広場で練習に励みました。 今日はコンタクトスタッフとポイを集中的に練習しました。 曇っていて暑くもなく寒くもない絶好の練習日和でしたが、せっかく朝湯でさっぱりしたのに動いたら少し汗をかいてしまいました。...

続きを読む

雷鳥沢まったりキャンプ

 ストイック登山だけではなくまったりキャンプも好きなので雷鳥沢キャンプ場でのんびり過ごしてお昼に撤収しました。 室堂付近はニイハオが大量発生していて静寂とは無縁なので、現役を退いた日本最古の山小屋から ほとんど訪れる人がいなさそうな岩屋を参拝しました。 誰を慰霊しているのか分からない慰霊塔を横目に 湧水を汲んで高原バスとケーブルカーを乗り継ぎ下山しました。 明日から天気が崩れるようです。 ていうか...

続きを読む

立山縦走ー浄土山から雷鳥沢

 雷鳥沢から別山・真砂岳・富士ノ折立・大汝山・雄山・浄土山と縦走した最後の浄土山山頂に鎮座する軍人靈碑です。 碑文文字起こし  「軍人靈碑」再建の記 ここ、越中の表微、立山連峰の一峰浄土山の頂上には、?て日露戦争に従軍して、戦死、戦病死された富山県人二千五百九十五柱を合わせ祀った「軍人靈碑」が建立されていました。 日本で言えば幕末の頃、白人列強の有色人種への侵略の魔手は??我が国の周辺、東アジアに...

続きを読む

立山縦走ー主峰雄山登拝

 遙か彼方に富士山が見えました。 引きだとこんな感じ。 御祭神が伊邪那岐神と天手力雄神だけあって力強く雄々しい山です。 日本三霊山のひとつ霊峰立山登拝記念に昭和天皇陛下の御製が書かれた手拭いを購入しました。...

続きを読む

立山縦走ー大汝山登拝

 立山連峰最高峰大汝山を目指します。 大汝山標高3015m 黒部ダムが見えました。...

続きを読む

立山縦走ー別山から富士ノ折立

 別山から真砂岳への稜線歩き 雷鳥沢を見下ろす。 雷鳥沢からの大走りは急坂で浮石が多いようだ。 万年雪を横目に稜線歩き 真砂岳から富士ノ折立への登りがよじ登る感じで今回のコースでは一番キツかった。 バックパックを下ろして富士ノ折立にアタックします。 富士ノ折立標高2999m...

続きを読む

立山縦走ー雷鳥沢から別山

 早朝の雷鳥沢を出発 噴煙を上げる地獄谷やらみくりが池温泉やら雷鳥沢キャンプ場が見下ろせます。 雷鳥に遭遇しました。 先日登った白山が雲海に浮かんでいます。 奥が白山です。 いろんな登山道が合流する剱御前小舎前の案内板 雷鳥沢から新室堂乗越を経由して別山乗越まで来ました。 剱岳が望めます。 見ると登りたくなるけど、足首の状態が万全ではないので今回は無理かな。 別山山頂...

続きを読む

雷鳥沢キャンプ場

 ケーブルカーとバスを乗り継いで立山登山の富山県側拠点となる標高2450mの室堂を目指します。 名水百選の玉殿湧水 みくりが池 訓練登山中の自衛隊と遭遇し、すれ違う際に挨拶を交わして「自衛隊万歳、日本万歳」と言ったら喜んでくれました。 明日は晴れるだろうと希望的予測をして初心者にも易しい雷鳥沢キャンプ場にテントを設営しました。 室堂から少し下って標高2270mぐらいでしょうか。 陽が傾いてくるとや...

続きを読む

雄山神社中宮参拝

 もう迷うことはない一本道を立山目指して走っていたら雄山神社中宮が現れたので参拝しました。 苔がシブい。 「海ゆかば」で有名な大伴家持が神山と称する立山を御神体とする社は霊気漂う神聖な霊域でした。...

続きを読む

雄山神社前立社壇参拝

 国道8号線を外れて立山目指して山の方向に走っていたら道がよく分からなくなり、デカい鳥居が見えたので寄り道したら雄山神社だった。 お導きに感謝して参拝しました。...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ