FC2ブログ

記事一覧

熊野古道中辺路・一ノ瀬王子から鮎川王子

 この辺りはガキの頃にさんざん遊び倒したところなんで今更この炎天下に歩く気にはならず車で周りました。 鮎川から滝尻までは富田川沿いの国道を遡上するだけなんで次は滝尻から再開する予定です。...

続きを読む

岩屋山観音寺新西国三十三番霊場巡り

 お手軽でそこそこ眺望も良いわりに訪れる人が少ない穴場です。...

続きを読む

熊野古道中辺路・起点から稲葉根王子後編

 三栖王子から斜面に梅が植えられた峠道を登ると南方熊楠山中裸像撮影場所があります。 峠を越えると八上王子があります。 霊域熊野から流れる富田川(岩田川)に出ました。 川沿いに五躰王子のひとつ稲葉根王子があります。 参詣者は水垢離して穢れを祓い身を清めます。 水垢離場は水が淀んで汚いので少し下流の潜水橋辺りで炎天下の歩行で火照った身体を清めます。 ここまで約5km、三栖の山中でウロウロしたので1時間半...

続きを読む

熊野古道中辺路・起点から稲葉根王子まで前編

 紀伊田辺市街の蟻通神社近くに、京の都から淀川を下り熊野街道紀伊路を南下する熊野古道が中辺路と大辺路に分かれる分岐点があります。 起点から30分ほど歩いた会津川沿いに秋津王子の案内標識がありました。 秋津王子から万呂王子に向かう途中に鎮座する須佐神社に参拝します。 万呂王子は台風で案内標識が破壊されたらしく道標だけです。 三栖地区まで来ると梅畑だらけで、この時期は梅干し作業が最盛期のようです。 ず...

続きを読む

震洋鳥の巣基地跡

 震洋のレプリカが展示されている鳥の巣平和公園は南紀白浜へと向かう田辺市新庄町にあります。 海水浴や熊野詣でで紀伊半島にお越しの際はぜひお立ち寄りください。...

続きを読む

友ヶ島探訪

 紀淡海峡防衛のために明治政府が築造した第2砲台跡 友ヶ島灯台 第1砲台跡 海軍聴音所跡 第3砲台跡弾薬支庫 将校宿舎跡 南垂水キャンプ場 神島遥拝...

続きを読む

金剛山大和葛城山ダイアモンドトレイル

 金剛山に登頂して初めてダイアモンドトレイルという縦走ルートがあることを知り、勢い余って、というか、つい調子に乗って歩き始めてしまった。 しばらく平坦な道が続き、このまま尾根伝いに行けたら葛城山どころか二上山まで行けるちゃうか、と思ったのも束の間、世の中そんなに甘くなくて急勾配の坂道をどんどん下りだし、こんなに下ったら後半キツい登りが待っているやろなぁと憂鬱になってきた。 金剛山登頂だけなら楽勝や...

続きを読む

金剛山登頂

 千早城趾千早神社から金剛山登山道に合流して登ります。 金剛山葛木神社参拝 本当の山頂には行けません。 猪を蹴り殺すなんて、雄略天皇男前過ぎです。 この時点で初めて縦走ルートがあることを知りました。 仏の顔も三度まで。 大日如来の化身である不動明王が好きです。 岩屋文殊...

続きを読む

千早城趾千早神社参拝

 金剛山登山口バス停から登山口へ向かう他の登山者とは反対方向に歩いて千早城趾を目指すと難攻不落の山城らしく急勾配の階段に迎えられました。 戦前なんで宮内庁ではなく宮内省です。 菊水紋。 七生報国!...

続きを読む

海の記念日

 奉祝!海の記念日 国境警備に尽力くださる海保に敬礼!...

続きを読む

期日前投票

 時差ボケが直らなくて夜な夜な内職してたら次のフライトが迫ってきたので大阪護国神社を詣でて闘病中の戦友へのお土産に大和魂御守を購入す。 3000mの滑走路を有する下地島上空。 国政選挙のたびに負け続けていたらグローバル左翼と反日極左しか選択肢がない状況にまで追い詰められてしまった。 ソウカよりマシと開き直ってハッピーさん或いは47様の犬HKから国民を守るにしろ死に票覚悟だし、消費税増税阻止だけで中...

続きを読む

ワルシャワ上空

 ワルシャワ上空 ありがとうポーランド...

続きを読む

ポーランド最後の〆

 ワルシャワ旧市街王宮前広場 16世紀に建造された旧市街防衛の砦バルバカン 1656年の北方戦争の際にスウェーデン軍の攻撃をここで止めた。 脳みそが平和ボケのお花畑じゃどうしようもないけど、人生には潤いが必要だ。 ということで最後の〆はファイアーダンス。 ありがとうポーランド。...

続きを読む

日ポ友好大道芸@グダンスク

 1931年9月1日、ポルトヴィ運河とバルト海に挟まれたグダンスク港の突端ヴェステルプラッテにドイツの軍艦シュレスヴィッヒ・ホルシュタインが予告なしに攻撃を開始し、ここに第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされた。 圧倒的に優勢な兵力のドイツ軍に対し、わずか182名のポーランド守備隊は勇敢にも1週間持ちこたえた。 その苦しくも誇り高い戦いを後世に伝えようと破壊された防衛陣地がそのままの姿で残されてい...

続きを読む

第二次世界大戦勃発の地ヴェステルプラッテ

 1931年9月1日、ポルトヴィ運河とバルト海に挟まれたグダンスク港の突端ヴェステルプラッテにドイツの軍艦シュレスヴィッヒ・ホルシュタインが予告なく砲撃を開始して第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされた。 当時のままの崩れ落ちたポーランド守備隊防衛陣地。 パラオを思い出す。 平和を願う記念碑...

続きを読む

ヴァイクセルミュンデ要塞

 第二次世界大戦勃発の地ヴェステルプラッテの手前に要塞があるようなのでバスを途中下車して立ち寄ってみた。 空撮の写真を見ると函館の五稜郭みたい。...

続きを読む

連帯Solidarnosc

 ポーランド民主化ひいては旧東欧全土に及ぶ壮大な改革の引き金となった連帯運動で犠牲となり命を落としたレーニン造船所の労働者を弔う記念碑。 すぐ近くにポーランド民主化運動を解説する博物館があります。 この小さい車の荷台で演説したようです。 合言葉は連帯Solidarnosc...

続きを読む

グディニア海軍博物館

 グディニア海軍博物館からバルト海を望む。 魚雷内部の空間を見ると回天を思い出す。 ポーランドに来てから何ヶ所か軍事関係の博物館に足を運んだけど、軍事アレルギーの日本との決定的な違いは小さな子供がいる家族連れが多いことです。...

続きを読む

グダンスク囚人塔

 モトワヴァ運河 もとは街の防衛のために14世紀に建てられ、その後は約300年にわたって囚人を閉じ込めたり拷問したりするために使われ、今は琥珀博物館になっている。 今年は東欧民主化から30年というのが押しのようです。 ベルリンの壁は崩されたけど天安門では虐殺されて東アジアに極悪の一党独裁国家が生き残ってしまった。 ボーッとしてると今日の香港は明日の日本だけど、野党は論外だし自民も頼りないし、はてさ...

続きを読む

グダンスク第二次世界大戦博物館

 2017年3月にポーランドのグダンスクにオープンした第二次世界大戦博物館には日本のコーナーもあります。 当時の写真の解説は残念ながら日本が侵略戦争をしたというチャイニーズプロパガンダが採用されています。 ムルデカとは独立を意味するインドネシア語です。 日本にとって第二次世界大戦とは欧米列強による植民地支配からアジアを解放する戦いです。 従軍慰安婦コーナーがあります。 47人とK人とオランダ人女性...

続きを読む

トルン

 ドイツ騎士団城趾や 地動説を唱えた天文学者コペルニクスの生家がある 中世都市トルンで日ポ友好。...

続きを読む

ポズナン

 ポーランド初代君主ミェシコ1世がポーランド王国を興したポズナンは968年から1038年までポーランド最初の首都として栄えた古都で、1956年に起きた「パンと自由」を求めて労働者たちが立ち上がった共産党政権下で最初の民衆蜂起ポズナン暴動の記念碑が建立されています。 そんなポズナンの旧市街で日ポ友好。...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ