FC2ブログ

記事一覧

佐藤正久参議院議員講演会@中標津

 中標津で開催された道東防衛議員連盟根室圏支部が主催する佐藤正久参議院議員講演会を聴講しました。  國民の國防意識を超える國防力は持てないというお話でした。拉致被害者救出と尖閣諸島防衛を正々堂々訴える西村眞悟氏が当選出来ない現状では拉致被害者救出も尖閣諸島防衛も実現不可能なんでしょうか。自民党さんには期待感より不信感の方が大きいんですけどその中で國益の為に働いてくれている数少ない議員のひとりが佐藤...

続きを読む

サクラマス遡上

 日本が日本でなくなる時が現実にやってくるのかもしれない。参議院選挙惨敗以降そんな焦燥感が坂道を転がる雪玉のように日増しに大きくなるけれど、颱風で増水した瀧を何度もジャンプを繰り返して産卵の為に遡上を試みるサクラマスにちょっぴり勇気を貰いました。  いつまでも凹んでばかりもいられないと思う一方でじゃあいったい何をどうすればいいのか思案すればまたしても無力感が襲ってきて思考は堂々巡りを繰り返す。もう...

続きを読む

来運神社

 斜里岳の麓に鎮座する来運神社に参拝しました。  清らかな湧き水が出ずる聖地です。  外資に買収されたという噂は今のところ無いようです。...

続きを読む

朱円環状土籬

...

続きを読む

餌付けと外交

  野生動物に餌を与える愚かな観光客の姿が謝罪と賠償を繰り返す我が國の外交姿勢とダブって見えます。...

続きを読む

瀧見の湯

...

続きを読む

カムイワッカ湯の瀧

 本日よりカムイワッカ湯の瀧へのマイカー規制が解除されました。...

続きを読む

知床半島

 羅臼からウトロに向けて知床横断道路で知床峠を越える。  ヒグマが出没してゲートが閉じられていたけど館内の展示を観ていたらゲートが再開したとのアナウンスが流れたので行ってみた。  カムイワッカはマイカー規制中なんで別の温泉  ミサイルが飛んでこようが遺憾砲を撃ち返そうが地球は廻る。...

続きを読む

知床羅臼熊の湯

  ミサイルが飛んでこようが海の便衣兵が領海侵犯を繰り返そうがそんなことはお構い無しで國民主権のもと個人の自由を声高に叫び半径1m以内手が届く範囲のちっぽけな快楽に身を委ねてアヘアヘヨガるのが何より大切な我ら3S政策の申し子は朝から温泉に浸かっていました。...

続きを読む

名も無き神社

 温泉帰りに視界の隅に鳥居が見えてなんだか気になったのでUターンして参拝してみた。  社の背後には瀧があった。名前も分からない小さな神社だけど好みです。...

続きを読む

相泊温泉

...

続きを読む

羅臼國後島展望台

 國後島から昇る旭日が拝めるかなと期待して眠ったのだけれど朝方は雲っていたので諦めて二度寝した。  南北に細長い國後島は野付半島からだと南端しか見えないけど知床半島羅臼から見るとその大きさを実感する。北海道・本州・四国・九州を除くと択捉島に次いで日本で2番目に大きい島だから当然だけど写真には収まりきらない。...

続きを読む

野付半島

 國後島まで16kmの野付半島にやって来ました。...

続きを読む

台風二過

 台風連発上陸で根室に足止めをくらっていましたがようやく脱出しました。台風二過の風蓮湖には丹頂鶴でしょうか二羽の渡り鳥が餌を啄んでいました。北の大地は短い夏から厳しい冬への模様替えを進行中のようです。  海に向かって建つ像が北方領土返還を訴えています。  尖閣諸島を護れないヘタレの國がいくら叫んだところで強突く張りの露西亜が一度奪った領土を返してくれるとは到底思えないのでとにかく尖閣諸島はなんとし...

続きを読む

日の丸演舞奉納@日本最東忠魂碑歯舞神社

 納沙布岬から根室半島の太平洋側を根室市街に向けて走っていたら日本最東集落の根室市歯舞に建つ鳥居が目についたので参拝した。  するとおそらく日本最東であろうと思われる忠魂碑が歯舞神社境内に建立されていたので雨のなか日の丸演舞を奉納させていただきました。幾多能満毛利占守島の戦いで自らを盾に護國の鬼と成り散華されました英靈に感謝と哀悼の誠を捧げます。...

続きを読む

日本最東神社金刀比羅大神参拝

 71年前に日本軍の組織的戦闘が終結した8月21日の朝をその舞台となった千島列島最東端の占守島へと繋がる納沙布岬で迎えたのだが辺り一面霧に覆われていて北方領土の彼方から昇る日本一早い御来光を拝むどころか海さえ見えず、日本最東端に鎮座する神社に参拝してみたらそこには北方領土の各島にも祀られていた金刀比羅様が鎮座されて居られた。...

続きを読む

日の丸演舞奉納@納沙布岬國後島守備隊顕彰碑

 日本政府の実効支配が及ぶ範囲内で民間人が足を踏み入れることが可能な現状における日本最東端の納沙布岬までやって来ましたが生憎の曇り空で霧が立ち込め視界が悪くて北方領土を拝むことは叶いませんでした。  國後島守備隊による北方領土返還を訴える石碑が建立されていたので日の丸演舞を奉納させていただきました。 北方領土返還はもちろんですが71年前の今日はまだ占守島で幾多能満毛利を賭けた激しい戦闘が繰り広げら...

続きを読む

根室金刀比羅神社参拝

 天気が悪いので自炊はやめて花咲蟹を卵でとじたお蕎麦をいただきました。  根室市内至る所で北方領土が日本領土であることを訴える文字を見かけます。地元がこれだけ必死に訴えても一度奪われた領土を取り戻すことは容易ではありません。敗戦のドサクサ紛れに奪われた北方領土と主権が奪われていた占領統治時代に為す術無く奪われた竹島に続いて今現在尖閣諸島が奪われようとしています。もういい加減ヘタレるのは飽き飽きして...

続きを読む

和田屯田兵碑

 和田屯田兵碑というのに出くわしたので立ち寄ってみました。  隣には忠魂碑が建立されていたので占守島の戦いで散華されました英靈に感謝と哀悼の誠を捧げる日の丸演舞を奉納させていただきました。  尖閣古賀村再建準備委員会は南の海の民間屯田兵として尖閣諸島への移住許可申請中です。...

続きを読む

彌榮神社参拝

 お盆明けからずっと天候が良くない。晴れていれば景色も良いんだろうけど私の心同様すっきりしない。私の心がすっきりしないのは天気のせいではなく尖閣諸島のことが気になっているからだ。羊のように臆病で従順な玉無しインポ野郎はこの期に及んでまだ平和的解決を目指しているようだ。日本のこころには大きく分けて和御霊と荒御霊があるが戦後日本ではとにかく荒御霊は悪者扱いされてしまい和を以て尊しとなすが事勿れなる悪し...

続きを読む

屈斜路湖

 北見市内で台風をやり過ごし美幌峠を越えて屈斜路湖に来ました。  反時計回りに回転しながら北上してくる台風に対しては山の北西側に位置していればより安全であることを経験上知っていたので峠が台風を防いでくれた北見市側は大した被害はなかったのですが、峠の南東側に当たる屈斜路湖は台風が直撃したようであちこちで木がなぎ倒されています。  屈斜路湖に突き出した和琴半島から川湯温泉に向かう屈斜路湖東部沿いの道は...

続きを読む

大雪山連峰赤岳登山

 昨日は終戦記念日だということになっていますが幾多能満毛利の戦いはまだ終わっていませんでした。これからが北の慰靈の本番です。 日本の山岳宗教の死生観において山は肉体を離れた死者の靈魂が宿る場所とされ畏怖の念をもって信仰されています。そういうわけで今居る処から行ける大雪山連峰赤岳に登りました。  まだ雪が残っています。  雪解け水が沢になり石狩川へと流れていきます。  山頂まで2時間ちょいという話だ...

続きを読む

層雲峡

 早朝から71年前に玉音を賜った正午まで北海道護國神社で英靈と共に過ごし、午後は標高を上げてなるべく人目を避けていろんなことに想いを巡らせていました。...

続きを読む

幾多能満毛利北海道護國神社参拝

 静かな朝の幾多能満毛利北海道護國神社を参拝し皇國の國難に殉じた英靈の御靈に感謝と哀悼の誠を捧げました。...

続きを読む

名寄市滝巡り

 進み過ぎるのも具合が悪いから出たとこ勝負の滝巡りで時間と距離の間合いを計る。  最後に行った滝が落差10mほどの小さい滝ながらも趣きがあり、ていうか神々しくて、滝に打たれて浄めたいという想いが沸々と湧き上がってきた。幸い人は私以外に誰もいないしヒグマもいない。気付けばフンドシ一丁で滝壺に飛び込んでいた。 滝壺での沐浴で心身を浄め、ほどよい距離まで更に間合いを詰め、英靈をお迎えする準備は万端整いま...

続きを読む

行者の滝

...

続きを読む

鹿そぼろ丼

  鹿そぼろ丼なるものを食べてみたけどそぼろじゃあ物足りなくてエゾ鹿とヒグマの大和煮缶詰を買ってしまった。...

続きを読む

宗谷岬

  観光客が記念撮影の順番待ちをしているが、この角度から撮る人はいない。  宗谷岬から道を渡ったすぐ近くなのに参拝する人は誰もいない。パワースポットだ~って噂になればすぐ大挙して押し掛けるくせに今居る場所の神様に感謝を捧げない。  石垣島まで3,000kmないんだ。案外近い。  人が多すぎてここでは日の丸演舞を奉納する氣にはなれない。...

続きを読む

間宮林蔵渡樺出航之地

  私にとって國家観無き地球市民的クソ坊主の説教ほど鬱陶しいものはなく、念法真教なる宗教団体も開祖の小倉霊現大僧正も存じ上げませんが、坊主にしては珍しくまともなことを説いておられたようです。...

続きを読む

日の丸演舞奉納@宗谷公園中千島戦歿者慰靈碑

 昨夜は稚内の道の駅で車中泊しようとしたのだけれどどうにも気分が落ち着かず、日本政府の実効支配が及ぶ範囲内で一般人が足を踏み入れることが可能な暫定的日本最北端の地である宗谷岬を目指して宗谷湾沿いの道を北東に進むと宗谷公園の標識が眼に飛び込んできたので湾沿いの道を離れると宗谷厳島神社が現れ、明日は朝イチでこの神社に参拝して一日を始めようと決めて眠りに就いた。  中千島戦没者碑文に曰く 第四十二師団司...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ