FC2ブログ

記事一覧

武幻映像 @ 火の国熊本

TAKEZOOO / 武幻・炎舞巡業 - 熊本編 -  火の国熊本で撮影した巨石に捧げる武幻映像が完成しました。 編集は完璧なのですが、いかんせん演技の精度が甘すぎて、情けないやら悔しいやら、武幻ひとつで脱ファイアーできるとは考えていないが、こんなレベルじゃ話にならん。せっかく場所と衣装を変えて撮影してもらったのに、よほど他の部分の出来映えが酷かったのか、同じ技のカットが多く採用されていて残念だ。取り直しの度にバ...

続きを読む

お礼参り @ 宮地嶽神社奥之院不動神社&大麻山神社

 国東半島と福岡市内に立ち寄ったのだが書き始めると話がめんどくさいことになるので私は反原発ではなく反パチンコだと自身の立場を表明するだけにとどめ、九州最後のチェックポイントとして宮地嶽神社に詣でることにしたのは四年前にラオスで身代わり不動に助けてもらった奥之院不動神社を信仰しているからなのだが、誇り高き日本人として受けた恩を仇で返す朝鮮人のようなマネは決してできない。 宮地浜に建つ一の鳥居のたもと...

続きを読む

英彦山登拝

 引き続き回想です。  清らかな水の流れと共鳴した心地好い眠りから目覚めた私は英彦山南岳へのアプローチとなる玉屋神社側からの登頂を前に駐車場のすぐ前にある庭園を散策してみることにした。庭園には一願成就の鐘があり、個人的には脱ファイアーに向けてパフォーマーとして更なるスキルアップを願うところなのかもしれないが、今は平時ではなく情報戦真っ只中の戦時下であると認識しているので、こんなご時勢に個人的な...

続きを読む

龍と麻と熊野の神社

 撮影が済んですっかり気が抜けてしまい、放置プレイ状態になっておりました。申し訳ありません。  で、その後はどうしていたかというと、日の本の基(ひのもとのもと)である幣立神社の龍神様と繋がっているという菊池市龍門ダムの真下にダムに沈むことなく鎮座する八大龍王神社に参拝し、おそらくここが龍の棲家だと思われる神社の裏を流れる川の淵を勝手に龍ヶ淵と命名し、山鹿市の山間に湧くいで湯・平山温泉で旅の疲れを癒...

続きを読む

巨石に捧げる武幻撮影ツアー

 二泊三日の隠遁生活を送った天草に別れを告げ、今回の旅の真の目的である武幻撮影を火の国熊本を象徴する阿蘇エリアで敢行しました。  木の国紀州熊野と火の国熊本をつなぐ撮影ツアーは三ヶ所の神々しい巨石が鎮座する神秘的な空間で行われ、まるで異次元世界を旅しているような貴重な体験になりました。  撮影者の熊本在住LINEOUTFILM氏が多忙につき、編集作業が完了するのにひと月ほどかかるようです。...

続きを読む

神国日本

 2011-5-13  神秘の火 不知火 不知火は、今から千数百年前、景行天皇九州御巡幸のとき、晴夜の八代海上に天皇を導き、無事火の国の海岸へお誘いした種火がそのはじまりで、以来この主知らずの火を不知火と呼ぶようになった。(日本書紀) 不知火は毎年八朔(旧暦8月1日)の未明、干潮時に現れる。  創建713年で神武天皇の母海童神(わだつみ)を祭神と祀る永尾神社の鳥居は不知火海に建立されていた...

続きを読む

武幻 @ 熊本 ONE DROP

 熊本市内にあるダイニングスタジオ「ONE DROP」でGOAと合流し、オーナーを紹介してもらって今夜のイベントに武幻で参加することになった。  一発目の九州ジャンベクラブで飛び入りするつもりなのだが、いつものとおり何の打ち合わせもしていない出たとこ勝負なので入るタイミングが難しい。特別ゲストとして参加している本日のメインアーティスト・サヨコオトナラのジャンベマン・ナラ氏のソロが終わったところ...

続きを読む

BOB MARLEY RESPECT ONE LOVE PEACE CONCERT @ 熊本市下通り

 午前中は雨が降っていたので昼過ぎから動き出し、水汲みを兼ねて阿蘇神社に参拝すると一の神殿の主祭神が健盤龍命(たけいわたつのみこと)だった。阿蘇神社には何度も参拝していて今までは気にも留めなかったのに、今回はやたらと健盤龍命の文字に敏感に反応してしまう。  宮崎から熊本に抜けるハードな山越えで下りカーブの途中にヘビが現れ、自分が事故りそうなので急ブレーキも急ハンドルも切れずなんとか跨いでくれと...

続きを読む

九州と熊野をつなぐ架け橋

 降ったり止んだりを繰り返す雨が上がった隙にアーチ型水道橋の通潤橋を渡る。   今日は雨と上手く付き合わないといけないようだが、山の緑は喜んでいるようで、都会のマンションの植え込みに咲くツツジとは比べ物にならないぐらい色とりどりのツツジが生き生きと咲き誇っている。  日の本の基、幣立神社に参拝する。 健盤龍命の阿蘇下向時、この地で幣を立て、天の神を祭られたのでその名がついたらしく、健と...

続きを読む

神武天皇東征御出征地

2011-5-9  山に向かう前にいったん日向灘沿いに走る国道10号線に出て食糧の買出しとガソリン給油を済ませ、耳川河口の美々津から海岸線を離れようとしたが、耳川河口南岸の角が神武天皇東征の出征地だと標識が出ていて、間違って美々津町並み保存地区をドライブスルーして辿り着いた先は日本海軍発祥の地であった。  神武天皇御親率の東征水軍御出発の聖地だから日本海軍発祥の地ということらしい。  ところで...

続きを読む

あとのまつり@ロトハウス

 2011-5-8  雲海を見晴らす絶景ポイントの国見が丘で夜を明かしたが、季節はずれの上に曇り空が天を覆い、時折り小雨がパラつく冷え込みの緩い朝に雲海など発生するはずもなく、朝が来たのは分かっていたがそのまま眠り続けた。  ネットに繋がる道の駅に場所を移し、溜まる一方で一向に追いつかないブログを一日分書き上げ、急いで今夜の祭りの舞台となる宮崎県都農町のロトハウスへ向かわなければならないわ...

続きを読む

みたび高千穂

 2011-5-7     次なるステージへの扉が開かれたまつりのあいだの事は割愛して、日本一の炭酸温泉を名乗る久住高原東麓に湧く長湯温泉で旅の疲れを癒し、昨夜は道の駅原尻の滝で夜を明かしたのだが、目が覚めるとそこは穏やかな気に満ち溢れた自然豊かな里山で、五連の滝が流れ落ちる原尻の滝の真上を歩いて渡り、八幡様を祀る神社に参拝をして滝の下流に架かる吊り橋に差し掛かった。   ...

続きを読む

無明橋

 2011-4-30  虹の岬まつりで五日間お世話になる国東半島にご挨拶するために、寺の前を流れる川の中の巨石に不動三尊が刻まれた川中不動を祀り、奇岩を背に建つ天念寺を訪れ、背後にそびえる山に鎖を手繰り寄せ岩穴を潜り抜けよじ登り、左右どちらも一歩足を踏み外せば真っ逆さまに墜落しておそらく死んじゃうかもしれない山頂に架かる2mほどのアーチ状石橋を渡り、祠の前にて健身球を転がし奉納した。  明日か...

続きを読む

米神山佐田京石環状列石

 2011-4-29  漆黒の海原を航行する佐田岬半島の三崎港を出港したフェリーは思いのほか揺れて旅人を眠りにいざない、大分県佐賀関港に着岸して道の駅佐賀関の駐車場に車を滑り込ませると九州上陸の感慨に耽る間さえなくすぐさま眠りに堕ちた。  九州上陸を果たしたものの、なんだか動く気がせず、昼過ぎまで道の駅佐賀関でマッタリと過ごし、名物の関アジを練りこんだ揚げ物を買い食いしてようやく重い腰を上...

続きを読む

虹の岬2011

  登山による短期集中フィジカル強化キャンペーンを修了し、虹の岬にて技術向上委員会を設立し、旅で出逢った芸人たちと刺激を与え合い、さらなるスキルアップを目指します。...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ