FC2ブログ

記事一覧

日本のパスポートを守れ!

 2011-1-30  リョウ&ノブはベトナムへと旅立ち、ティル&アーニャはヨーロッパへと帰っていき、ユーへイはサンデーマーケットに出かけていて、今日のバンコクエアロビ公園に私以外のジャグラーの姿は見当たらない。ひとりぼっちとはこれ幸い、三日後に控えた「鬼火の祭典」に向けて正真正銘最後の追い込みで汗を流す。練習とはひたすら自己と向き合う作業である。   2011-1-31  朝8時のミ...

続きを読む

亜杯決勝、在日、捕鯨、コンフェデ

 2011-1-29  物事にはプライオリティ・優先順位というものがあり、過去と現代、回想記とリアルタイムの報告が入り交じってヒッピィヒッピィシェイクのモンローウォークで皆さまには大変お見苦しい思いを強いており、まことに恐縮ではありますが、今回は自主トレ@タイ回想記の続きだぜ、シェケナベイベー、って妙なテンションで始めてしまったのだが後が続かない。  バンコクカオサンロードでプライオリティ...

続きを読む

尖閣で炎舞は可能か

FIRE DANCE(ファイアーダンス): TAKEZOOO   初めてお手紙差し上げます。  日差しが春の訪れを告げるころになりました。いかがお過ごしでしょうか。  さて、去る2月22日「竹島の日」に大阪なんば高島屋前でおこなわれた「竹島を奪還する会」が主催する街頭演説会を拝聴させていただきましたおり、特別弁士として参加しておられました大阪府能勢町の議員さんから尖閣諸島問題で活動をされておられます貴殿の...

続きを読む

自覚なき反日売国奴たち

  来たる2月22日は「竹島の日」である。それに先駆けて「竹島を奪還する会」主催の街頭演説がなんば高島屋前でおこなわれるという情報を入手したので覗きに行くことにした。  休日のなんば高島屋前は献血車両が出ていたり、ダンス系大道芸人(パッと見、たいしたパフォーマンスではなかったので素通り)が踊っていたり、ネットカフェの看板を掲げたサンドイッチマンが突っ立ていたり、立ち止まると違法行為になるか...

続きを読む

バンコク出逢いと別れ

 2011-1-26  夕方のエアロビ公園に出向くとバガボンドシェフのユーヘイがすでに来ていて、スタッフを始めたばかりのユーへイが正月に教わっていたという男女2人組みのファラン(白人)を紹介されたのだが、ん、なんか見覚えあるぞ、と思ったらスイス人のティルとドイツ人のアーニャのカップルだった。 ふたりに初めて出逢ったのは私がファイアーダンスを始めたばかりのころで、タイ北部のパイで一緒に練習をした...

続きを読む

今更のアジアカップ日韓戦記

 2011-1-25  通称エアロビ公園がフラフープ公園になってしまったかのように、今日の公園は大勢のファラン(白人)のフープ軍団で賑わっている。2011年はもうポイではなくフラフープが1番のトレンドなのだろうか。  バガボンドシェフ・ユーヘイから今夜はサッカーアジアカップの準決勝があり、日本が韓国と対戦すると教えてもらった。島暮らしですっかり世界の情勢に疎くなっていたけど、そういやそんな...

続きを読む

ファイアーバスキング@カオサンロード

 2011-1-24  夕方のエアロビ公園で練習しているとひとりの日本人男性が現れた。バンコクで暮らすH氏がカオサンのファイアーバスキング事情についてリョウに説明している。長くバンコクに暮らす氏は相当顔が広いようで、カオサンを管轄する警察署長とも知り合いのようだ。警察署長が常連のカオサン近くのシーフードレストランではいつでもファイアーショーが出来るが、カオサンではある程度人出が少なくなった深夜...

続きを読む

バンコクエアロビ公園

 2011-1-22  前日の夜行列車が満席だったので昼間の移動となった。タイムテーブルではバンコク到着は午後8時前で、またしても夕方の練習ができないが、乗り換えなしでバンコクまで行けるので刻まずに一気に北上することにした。 1時間遅れの午後9時にバンコクに到着し、その日はファランポーン駅から歩いて行けるチャイナタウンに宿を取った。  2011-1-23  カオサンに移動して常宿にして...

続きを読む

ジャグれば街の人気者 @ チュンポン

 2011-1-21  アンダマン海側のラノーンからミニバスで峠を越えてシャム湾側のチュンポンまでやってきた。コ・ランタからラノーンへの移動が思ったより時間がかかって到着が夜になってしまい、夕方の練習ができなかったこともあって、今回は細かく刻んでチュンポンに1泊することにした。 ファランバー(白人酒場)というなんとも気恥ずかしい名前のバー兼ゲストハウスに宿を取り、街を散策する。特に何の特色もな...

続きを読む

ヴィザラン-ミャンマー最南端ビクトリアポイント-

 2011-1-20  モタサイ(バイクタクシー)でミャンマー最南端の港町ビクトリアポイント・コートーンへ渡る港に行くと早速客引きが寄ってきた。適当にあしらいながらタイ出国の手続きを済ませ、周囲の様子を窺う。ガンジス川のガートのような船着き場には何隻もの乗り合いロングテイルボートが停泊していて、それぞれの乗組員たちが激しい客引き合戦を繰り広げている。いったい幾らが相場なのかさっぱり分からなかっ...

続きを読む

ミャンマーとの国境の町ラノーン

   2011-1-19  明日で30日間のヴィザが切れるので、ミャンマーとの国境の町・ラノーンを目指して移動を開始する。プーケットの右下の島がコ・ランタで、茶色に塗られた地域がラノーン県だ。まずは対岸のクラビまでミニバスで移動し、そこからプーケット行きのミニバスに乗り換え途中下車、プーケット発チュンポン(ラノーン県の東に隣接するチュンポン県の県都)行きのローカルバスをつかまえてパンガ...

続きを読む

コ・ランタ最後のファイアーショー

 2011-1-17  オープン前のサンムーンバンガローにひとりのロシア人女性が現れた。 リムによれば、その女は夜中の1時にひとりでやってきて、不気味なぐらい憔悴した表情で、「泊めて欲しい。」と懇願したらしい。何やら訳ありっぽいが、新婚のくせに女好きのソンは朝からソワソワして仕事が手につかないらしく、なけなしの100バーツでガンジャを購入してロシア女に取り入ろうと試みるが、あえなく玉砕、ならば...

続きを読む

中だるみファイアーショー

 2011-1-9  来たる節分のお祭り行事「鬼火の祭典」では年明けのカンティアンビーチでのファイアーショーで使用したジョンメカチーフ、ポイ、ダブルスタッフの3アイテムで臨むつもりであったが、オーガナイザーの意向によりもう1アイテム増やすことになった。初めてファイアーダンスを見る人にも分かりやすいスピード系デカ火スタッフぶん回しスウィングを最後に加えるか、ジョンメカの次にコンタクト技中心のロン...

続きを読む

2010ファイナルファイアーショー

 2010-12-26  サンムーンバンガローで番頭を勤めるリムと連れ立って夕方のクロンヂャックビーチにやって来た。ビーチに面したレストランバー「ラストビーチバー」の前で私が練習をしているあいだにリムがレストランの従業員にファイアーショーの話を振る作戦だ。  眩い西日を受けてキラキラと黄金に輝くアンダマン海を臨んでロングスタッフ、ポイとダブルスタッフの投げ技や大振り技など、広いファミリータイプ...

続きを読む

ベースキャンプ「SUNMOON」

    2010-12-25  ヘルメットなんか要らないと言っているのに、持っていけとうるさく言われて押し付けられた。一応法律ではヘルメットの着用が義務づけられているのだが、バンコクなどの都会ならいざ知らず、島でヘルメットを被っているのはファラン(白人)だけで、タイ人は誰一人として被ってなんかいない。 邪魔なヘルメットをバンガローに置いて、南国の強い陽射しを浴びながら潮の香りと熱帯雨林の香りが...

続きを読む

鬼火ライブ画像

   河童博士さんのブログ「河童写真部」に鬼火ライブの画像がアップされています。  是非、ご覧ください。  http://blogs.yahoo.co.jp/mptyf830/18821427.html  またしても横からのアングルですが、仙人ぜんざいから数えて10枚目の画像が自分が描こうとしている炎のマンダラを上手く切り取ってくれています。8枚目の画像は横からのアングルならではの身体の後ろを通る炎のラインがおもしろいです。そ...

続きを読む

武幻 @ スカポンタン

 2011-2-5  吉野山での「鬼火の祭典」を終えて本拠地である大阪に戻ってきたけれど歯医者に通う以外にすることはなく、一旦状態を落としてから暖かくなる頃にもう一度上げていかなければならないだろうと覚悟はしていたものの、せっかくこの時期には珍しく良いコンディションで日本に居るのにこのまま引きこもってしまうのは勿体ないと思い、友人がレコードをかけるというので天六から程近いレコードバー「スカポン...

続きを読む

コ・ランタ上陸

 2010-12-24  バンコクからの夜行バスでスラタニまで南下し、ミニバスに乗り換えてクラビまで、そこから更にもう一度乗り換えてようやくコ・ランタに上陸した時には午後2時をまわっていた。チケットを購入したバンコクの旅行代理店に午後6時に集まってから既に20時間以上が経過している。ミニバスの乗客は私以外すべて白人のカップルで、ミニバスは彼らが宿泊予約をしている高級リゾートを順々に回って乗客を...

続きを読む

第13回鬼火の祭典キャンペーン動画

第13回鬼火の祭典キャンペーン(奈良県吉野町)...

続きを読む

ファイアーショー @ カンティアン

 2011-1-5  月の無い真っ黒なアップダウンの激しい未舗装の道路を荒々しく疾走するリムの運転するカブのリアシートにしがみつき、湿気を帯びた生暖かい潮風を浴びながら海岸線に沿って島を北上して隣りのビーチに向かう。例年ならとっくに雨季が明けているはずの南タイだが、ラニーニャ現象の影響だろうか、年末は日本の梅雨のようなシトシト雨が三日も続いたり、北風が吹いて寒いぐらい夜があったりしたが、年が明...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ