FC2ブログ

記事一覧

竹富島西桟橋ファイヤーバスキング

 すいません、いろんな事があったんですけど、車移動のファイアー行脚の時のように自前のパソコンを持ち歩いているわけでもなく、なにより八重山ボケの症状が日増しに悪化しているようで、どうにも左脳の活動が停滞気味でして、あまり物事を深く考えられないというか、活字どころかマンガさえ読めない有り様では言の葉を書き連ねることなど億劫過ぎて出来るはずもなく、ついにギブアップ、現実の時の流れにブログの更新が追いつい...

続きを読む

さらば、波照間

 3月12日(木) 宿のチェックアウトは午前9時だけど気にせずゆっくり休んでて下さいとヘルパーのお姉ちゃんから有り難い御配慮を頂戴していたのだけれど、迷惑をかけるのも気兼ねだし、なにより目が覚めてしまったので、荷物を預かってもらって午後2時のフェリー出航までの時間をニシ浜でまったりと過ごすことにした。 太陽が真上に昇りきったころ、空腹を覚えてニシ浜から集落へと向かう道をえっちらおっちら登り歩く。 ...

続きを読む

波照間島ファイヤーショー

 3月11日(水) 宿の前の広場におじぃが昨日から作り始めていた特設ステージは昼にはもう土台が出来上がっていて、あとは暗くなるのを待つばかりとマンガのDr.コトーを読破し、そろそろ陽も傾いてきたことだしニシ浜で練習でもやろうかいなと釣竿ケースを担いで出かけようとしたところ、ジャンヴェを叩いてくれる人が5時半から6時ぐらいに打ち合わせに来るから待っていて欲しいとヘルパーのお姉ちゃんから伝言を伝えられ...

続きを読む

日本最南端の島

 3月10日(火) 離島ターミナルの向かいの波止場から週に3便就航している波照間島行きのフェリーに乗船し、1週間練習に明け暮れた石垣島を離れて日本最南端の有人島を目指す。曇り空の続いた石垣島で辛抱強く待った甲斐があり、外洋に出ても波は穏やかで、2時間半の快適な船旅で最果てのウルマ(さんご礁)が語源の波照間島に到着した。 港に降り立つと「西浜荘」と書いた看板を掲げた女性が出迎えに来てくれていて、港か...

続きを読む

宮鳥御嶽

 3月5日(木) 宮鳥御嶽(みやとりおん)、方言では「メートゥルオン」、神名は「ヲレハナ」、御イベ名は「豊見タトライ」 「八重山嶋由来記」(1705年)、琉球國由来記」(1713年)によれば「石城山(いしすくやま)に住んでいたナアタハツ、平川(ぴさがー)カワラ、マタネマシズの3兄弟妹がここを御嶽として拝み始めると作物が実るようになった。すると、人々は彼らを慕い、周りに集まり住むようになった。そして...

続きを読む

石垣島上陸

 3月2日(月) 深夜2時にとあるCDのリリースパーティから帰宅し、朝のフライトに備えて荷造りを済ますと、パーティで旧友のTからもらった道産子を手に取り、石垣島まで持っていくという考えがチラッと脳裏をよぎったのだが、たかだか道産子リーフのジョイント1本でつまらないリスクを背負うのもアホくさくて火をつけた。 関空初10時20分の飛行機は3時間のフライトで高度を徐々に下げ始め、下方に広がる雲を突き抜け...

続きを読む

リストラ、そして旅立ち

 「RESTRUCTURING」とは構造を改革すること。特に、企業が不採算部門を切り捨て、将来有望な部門へ進出するなど、事業内容を変えること。企業再構築。というのは英語圏に限っての話であって、カタカナでリストラと略されて表記される場合は概ね単なるクビ切り人員削減の意味で使われているという事実は重々承知していたのだが、実際に百年に一度と言われる未曾有の大不況の大波に飲み込まれてしまえば、哀れ、居場所...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ