FC2ブログ

記事一覧

紅葉ファイヤー@嵐山渡月橋

 1時間1200円というふざけた料金の駐車場を通り過ぎ、少し離れたコインパーキングに一台分の空きスペースを見つけすかさず車を停める。300円なら高くないし、日が暮れてなお人の往来が途切れることなく混雑する嵐山なら楽勝で回収できるはずで、うまくすればアゴ足代はおろかお札代も賄えるかもしれない。  5時を過ぎ車両の一方通行が解除された土産物屋が並ぶ通りを南下して、桂川に架かる渡月橋を渡る。テキ屋が4軒...

続きを読む

嵯峨野から松尾そして嵐山、なが~い前フリ

 お山を下り、登山口清滝周辺を散策する。山頂ではすでに散ってしまっていた紅葉が麓では今が正に色付きの真っ盛りで、晩秋の柔らかい陽射しを浴びて鮮やかに光り輝くもみじの葉が燃えるような紅色で山を彩っている。 嵯峨鳥居本まで戻ると、靄がかかってひっそりとしていた早朝とは打って変わって、光溢れる愛宕神社の門前町として栄えた鳥居本は紅葉見物を兼ねた行楽客がわんさか押し寄せてきており、途轍もなく混雑していて人...

続きを読む

瞑想@愛宕神社若宮社

 再び山頂を目指して歩き始めた参拝登山道脇の山の斜面に微妙にサイケなべべを着たお地蔵さんが優しい笑みを浮かべて道中の安全を祈って温かく見守ってくれている。 やがて前方に黒門が姿を現し、呼吸を整え身を正し一礼していよいよ愛宕神社の神域へと足を踏み入れ、更に続く石段を登って幾つかの鳥居と門をくぐり、ついに都の北西・山城と丹波との国境に位置する京都市最高峰標高924メートルの霊山愛宕山山頂に鎮座する火伏...

続きを読む

愛宕神社参拝登山

 久しぶりに乗る車のボンネットを開け、エンジンオイルの残量を調べてみると想像以上に減っており、ハッチを開けて荷台からオイル缶を取り出し上から継ぎ足す。漏れては足し漏れては足しの繰り返しで自然とオイル交換ができているのかもしれないが、賃貸契約を交わしている月極め駐車場には漏れ出したオイルの跡が黒いシミとなって不気味な紋様を描き出している。 夜明け前に辿り着いた晩秋の京都嵐山の澄み切った夜空に白々とし...

続きを読む

ピンゾロバスキング@長居公園ファイナル

 11月11日(日) インターネットで試合速報をチェックする。 デカシのゴールで1-0とセレッソリードで折り返したが、前半終了間際にアレーが交代でピッチを去っている。怪我でもあったのだろうか、気になるところだ。 首位札幌は鳥栖に敗れ、東京対仙台は痛み分けで、セレッソにとって好都合な結果だが、他チームの勝ち点を計算することはあまり意味が無く、ただ目の前の一戦に集中して残りの試合を全て勝ち続ける以外に...

続きを読む

ファイナル長居2007 とらぬ狸の・・・

 今シーズン、長居でファイヤーバスキングをする最後のチャンスが明日到来する。  今年はセレッソの試合だけでなく、世界陸上 http://blogs.yahoo.co.jp/fire_fantasista/35770880.html やサッカー日本代表対エジプト戦 http://blogs.yahoo.co.jp/fire_fantasista/37068890.html などでもバスキングをおこなったので、明日が今シーズン最後だと思うとちょっと寂しいが、感慨に耽ってばかりもいられない。  深夜の勤務を終...

続きを読む

日本アフリカ友好ストリートハランベーその2 往年のパンクス気分で

 写真上:Masaya ケニヤ在住の音楽を奏でることと生きることが同義の生まれついての音楽家 写真中:Bati 日本手拭いを首に巻き、太鼓を打ち鳴らすリズムマスター 写真下:Shin-chang ピースボートでスカウトされた心優しき埼玉県人  偶然の出会いは必然か 大いなる力に導かれ繋がり昇華 これぞガイダンス 袖振り合うのが多生の縁なら 共に演じるは濃密なる縁 奇蹟の瞬間を共に戦うストリートファ...

続きを読む

文化の火 日本アフリカ交流の炎

 11月3日(土) 途中で放ったらかしになったまま中断していたTEGARAYAMAレポートをようやく書き上げ、ナビスコカップ決勝・ガンバ対フロンターレ戦をテレビ観戦する。毎度お馴染みの不眠につき時々寝そうになりながらもニューヒーロー安田の得点シーンはバッチリ目撃、ガンビーノの皆さんおめでとうございます。 日増しに早まる日没を合図に膝サポーターと足首サポーターを装着してシポパンを穿く。なんだか重装備...

続きを読む

Maisha ya Raha 来日

 「マイシャ・ヤ・ラハ」、スワヒリ語で幸せな人生を意味するケニアを拠点にアフリカの子供たちの自立を応援する団体の使者が3人編成のアフリカンリディムユニットを組んで日本縦断バスキングツアー・ストリートハランベーを実施しています。 彼らの主だった活動内容は、設立のきっかけともなったケニアのカテンベ少年(写真中央、Batiの実弟)の腎臓移植後の医療費と教育費の支援、東アフリカ最大のスラム、キベラのMAG...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ