FC2ブログ

記事一覧

2007年シーズン開幕

 阪神タイガースが大阪ドームで今シーズンの開幕戦を戦うということなので出かけてみたのだが、さすがにタイガース人気はすごいらしくドームの周りは警備員がいたるところに立っている。しかも21時前に早々と試合終了したのかドームから出てくる観戦客のテンションが恐ろしく低い。 絶対阪神負けよったわ。 特別野球に興味ないし勝ち負けはどうでもええんやけど、こうも警備員が多いとどうしようもない。練習場もセレッソと同...

続きを読む

調整ファイヤー

 仕上がり具合を確認すべく南紀白浜の白良浜にて負傷後初のファイヤーを決行しました。 1・17神戸での被災者追悼ファイヤー以来2ヶ月振りのファイヤーだったのだが、スタッフとデビルスティックはおろか衣装とバスキング道具一式も持って帰ってきていなかったので、ジャージの上下で地味にポイをするだけになってしまった。ようやく足の痛みも消え踏ん張ることもできるようになったのだが、いかんせん練習不足でキレのある動...

続きを読む

南無阿弥陀仏

 彼岸の中日、ポカポカ陽気に誘われてお墓参りに行ってきました。生きているあいだは何一つお手本になるようなことを示してくれなかったボンクラ親父でしたが、交通事故であっさり死ぬことで、人間の命の儚さ、脆さを身をもって示してくれました。なによりの教訓になっています。感謝。  さて、開幕戦ホームでの仙台戦でサポーターは既に諦めモードとなり、2節の湘南戦ではガンバサポーターにまで同情される始末の不甲斐ないセ...

続きを読む

瑠璃光薬師如来

 いっこうに違和感が取れないので、ようやく病院に行ってきました。怪我をしてから1ヶ月以上経っているのでレントゲン写真を見てもはっきりわからないけど、微妙に凹んでいる場所があるとのこと。腫れがあるので湿布を処方してもらって、あとはひたすら時間が経つのを待つのみ。ホワイトディの出演もキャンセルになったし、桜の開花予想も外れて遅れそうなので、焦らずのんびりいきます。  と云うわけで、最近は南紀白浜富田の...

続きを読む

救馬渓観音

 早春の紀州路、陽射しは暖かいが吹く風はまだまだ冷たい。 1300年前に役の行者が開山したとされる救馬渓観音に参拝する。中興の開基、小栗判官が湯の峰温泉に向かう途中、乗っていた馬が突然病に冒され歩行困難の時に当山の霊験あらたかなるを聞き、参詣して祈願すれば馬は惣ちに全快したと云う言い伝えが残されている。馬の病気が治るのなら足の怪我も治るのでは、気休めやけど展望台からの眺めが好きでよく訪れるお気に入...

続きを読む

開幕1軍を目指して

 Jリーグが開幕して、我らがセレッソも1週間遅れで長丁場のJ2リーグの戦いが始まる。過去にセレッソの監督として結果を出せず更迭され、京都でも結果を出せず解任されたのに、何故かセレッソのGMに就任している監督としての能力はないのに世渡りの術には長けているサポーターから解任要求が出ないのが不思議な西村GMが連れてきた、これまた仙台をJ1に昇格さすことに失敗した都並監督がどんな戦いを見せてくれるのか注目...

続きを読む

発熱

 帰国した翌日、踏ん張るとまだ痛みを感じるし、右脚に重心を置くのは恐怖心があってできないので、レントゲンを撮って症状の確認をしたかったのだが、近所の市民病院に行くと土曜日は休診だった。  日曜日、移動の疲れと気温の変化に対応しきれず風邪気味のところに普段は吸わないジョイント用に買ってあった余った煙草を吸っていたのが祟ったのか咽喉が強烈に痛くなって咳が止まらなくなってしまった。 なにニコチンなんかに...

続きを読む

帰国

 3月2日  ようやく身体が馴染んできて、さぁどこに行こうかな、という頃に帰国しなければならないなんて、ひと月足らずではあまりに短すぎて旅をした気分にならない。ケガの影響もあり今回は行ったことのない場所に行くことも出来なかった。来年は最低3ヶ月は旅に出れるようにしたい。そのためには一億総非国民時代の日本を生き抜いて、しっかりと稼がなければならない。  早朝の空港でチェックインを済ませトイレに駆け込...

続きを読む

さらばバンコク

 3月1日  明日の早朝のフライトでバンコクを発つので、今日が実質的にはタイ最終日である。結局バスキングはおろか火を点けることもなくタイを去ることになろうとは、「NO FIRE NO LIFE」が信条の私にとってはまさに翼をもぎ取られた堕天使(そんな格好えぇもんか)のような心境だ。いつかバスキングをしながら世界中を旅したい。  と云うわけで、さらばバンコク、さよならの向こうに夢があるから、君とはしばしのお別れだ...

続きを読む

アイソ名人現る。

 2月28日  いつものようにジャグラー公園に行くが、今日はジャグラーが少ない。月がだいぶ大きくなり、みんな満月をお気に入りの場所で迎える為、そろそろ移動し始めたのかな。  のんびり練習をしているとひとりのヨーロピアン男性が声を掛けてきた。パンキッシュな彼はフランス人でこれまた強烈にポイがうまい。そこにもうひとりスキンヘッドのヨーロピアンがやってきて、彼曰く、彼と私のプレイスタイルがよく似ていると...

続きを読む

ティルとの再会

 2月27日  暗くなったジャグラー公園に突然ライトポイを操るひとりのヨーロピアン男性が現れた。 STALL技をバランス良く取り入れたプレイスタイルで、なにより動きが柔らかくしなやかで美しい。 自分とは違うスタイルにしばし見とれていたが、よく顔を見るとなんだか見覚えがある。近づくと彼も私に気付いたらしく、久しぶりの再会にハグをして喜び合う。 スイス人のティルとは2年前にタイ北部のパイで会ってしばらく一...

続きを読む

CM不採用

2月26日  メールをチェックしたら香港のホテルのコマーシャルフィルムのキャスティング係りからメールが届いていた。興味があれば連絡して欲しいという内容で、日付は私がラオスで右足の痛みにのた打ち回っている頃だった。 夕方、ジャグラー公園でその話をトミーにすると、なんでも香港のホテルの中にある日本料理店のCM撮影で、はるばるスタジオのあるエカマイまでバンコク横断を決行して、仙人のような老けメイクをされ...

続きを読む

Keep on JUGGLING

2月25日  軽くなったキンタマに気分も一新して軽やかな足取りでカオサンに移動と云うわけには行かず、コンタクトジャグラー・トミーが宿泊しているゲストハウスに行くことも考えたが、結局いつもの宿に部屋を取る。2階がネットカフェになっているので出歩かなくていいからだ。早速溜まっているブログの更新を再開する。溜まった夏休みの宿題に追われる小学生のような気分だ。  夕方になりジャグラーの集まる公園に行くと、...

続きを読む

チャイナタウン

2月24日  列車が早朝のバンコクファランポーン駅のプラットホームに滑り込む。  こんな時間にカオサンに行ったところで部屋など空いてる訳ないし、なにより荷物を抱えて痛む足でウロウロしたくなかったので、駅の近くのチャイナタウンに部屋を取ることにした。 去年は運河の向こうにファランポーン駅を見下ろす冷房完備の中級ホテルに部屋を取り、島でさばくために仕入れてきたネタを味わいながら自分がゴルゴ13の登場人...

続きを読む

寝台列車

 2月23日  揺れる列車のトイレの中でジョイントに火をつける。吐き出した煙が流れていく窓の外は見る見るうちに闇が勢力を拡大していく。タイ東北部イサーンの貧しい大地を首都バンコクを目指して列車は暗闇を突き進む。...

続きを読む

プロフィール

hinomarufire

Author:hinomarufire
ファイアーダンサーから日の丸舞踏家に変身して日の丸の破壊的イノベーションを起こそうと日々奮闘中です。

最新コメント

月別アーカイブ